アトピーを保湿化粧水でケアする方法  » アトピー向けのスキンケアテクニックまとめ » アトピー肌向けの低刺激洗顔術

アトピー肌向けの低刺激洗顔術

ちょっとした刺激で炎症になり、赤みやカサつきが起こるアトピー肌。ひどくなると痒みまで出てくるので厄介です。ここでは、アトピーの悪化を防ぐ刺激の少ない洗顔方法を紹介します。敏感になっている肌を正しくケアし、潤いのあるモチモチ肌を目指しましょう。

洗顔料を選ぶ時の3つのポイント

乾燥しやすく刺激を受けやすいアトピー肌。肌を清潔に保つための洗顔料も、刺激が強いとアトピーを悪化させる原因になってしまうかもしれません。アトピー肌の人が気をつけたい、洗顔料選びの3ポイントを紹介します。

1.肌への負担が少ない低刺激なもの

アトピーにとっては空気の乾燥やハウスダストなど、ちょっとした刺激でも悪化の原因になります。洗顔料を選ぶときには、まず肌への負担が少ないものを選ぶのがマスト。素材に植物から抽出した成分をつかっている天然由来のもので、化学物質を極力使用していない石鹸を選びましょう。肌に刺激を与える着色料や酸化防止剤などが含まれていない無添加のものもおすすめです。とくに固形石鹸は余分な化学成分を使用せずに作られているものが多いので、アトピー肌の方にピッタリですよ。

2.洗浄成分が強すぎないもの

洗浄成分が強すぎるものだと、肌に必要な常用菌や皮脂まで洗い流してしまいます。乾燥を引き起こし、アトピーを悪化させてしまうので注意しましょう。石油由来の合成界面活性剤が入っている石鹸は洗浄力が強めなのでおすすめしません。肌に優しいと謳った石鹸であっても、洗顔後に肌のつっぱりが気になる場合は、刺激になっている可能性があるので他の洗顔料に切り替えてみてください。

3.保湿成分が含まれているもの

アトピー肌の最大の敵は肌の乾燥。そのため、保湿成分が含まれている洗顔料を選ぶのがポイントです。とくにおすすめなのは、ヒアルロン酸やセラミドといった肌形成に欠かせない保湿成分が含まれているもの。しっかり保湿されることで、柔らかいモチモチとした肌を手に入れることができます。

洗顔時に意識する3つのこと

肌への刺激を軽減させるために洗顔の方法にも気をつけたい点があります。最も重要なポイントはとにかく優しく洗いあげること!以下の3つを意識しながら洗顔してみてください。

洗顔料はしっかりと泡立てる

泡立ちの不十分な洗顔料で肌を洗うと、顔と手の間に摩擦が発生し肌へ負担がかかります。泡立てネットを使用してモコモコの泡をつくりましょう。顔に泡をこすりつけて汚れを落とすのではなく、「泡に肌の汚れを吸着させる」ようなイメージで洗っていきます。肌の上に泡をのせ、泡を転がすように洗顔しましょう。皮脂の多いTゾーンから、皮脂の少ない目元・頬・口元の順に洗顔。肌の負担を減らすため、40~45秒で洗い流すのが理想です。

ぬるま湯で泡を洗い流す

お湯が熱すぎると乾燥を招き、冷たすぎるとうまく皮脂が流れてくれないので30~35度のぬるま湯で洗い流すのがベストです。すすぎが不十分で肌に洗顔料が残ってしまうと、成分が肌内部へ浸透してしまい肌に悪影響を及ぼしてしまうので、しっかりと洗い流しましょう。しかし、逆に洗いすぎても肌の潤いが失われてしまうので要注意。20回程度洗い流せば十分です。

ふき取りは清潔なタオルで押し当てるように

きれいに洗顔できても、ふき取るタオルが汚れていては意味がありません。洗顔後に使用するタオルは必ず清潔な状態にしておいてください。また、こすって水分をふき取ると、摩擦でアトピーを悪化させてしまうので厳禁!タオルを数秒間、優しく肌に押し当てるようにして水分を吸収させましょう

洗顔後のケア

アトピー肌は水分の保持ができなくなっている状態です。バリア機能が低下しているため、肌内部の水分が抜けやすく外からの刺激にも敏感。洗顔後は肌をカバーしている皮脂が洗い流され、とくに敏感になっている状態なので化粧水でしっかりと水分を補ってあげましょう。化粧水をたっぷりつけた後に、保湿効果の高い美容液を乗せ、クリームやオイルでフタをしてあげることで肌の潤いをキープできます。

洗顔後に使用するスキンケア商品も肌への負担がない低刺激のものを選ぶのが重要です。最近はアトピー専用の商品も販売されているのでチェックしてみると良いかもしれません。着色料や香料を使用していない無添加で、保湿力の高いセラミドやヒアルロン酸の配合量が高いものがおすすめです。

夜だけではなく朝にも洗顔

メイクしていない朝の洗顔は、「水やぬるま湯で洗い流すだけ」で済ませてしまう人も多くいます。しかし、朝の洗顔は意外と重要。寝ている間に分泌されて酸化した皮脂がたくさん顔についていて、水やぬるま湯だけでは十分に流しきることができません。肌に残った皮脂は、肌のくすみ・毛穴の黒ずみ・炎症の悪化・ターンオーバーの乱れなどさまざまなトラブルを引き起こします。とくに肌が敏感のアトピー肌の方は、肌トラブルを防ぐために朝もしっかり洗顔しましょう。

皮脂が多く分泌されるTゾーンを中心に優しく洗顔し、ぬるま湯で洗い流します。朝は時間がなく焦りがちですが、洗顔料の泡立てが不十分だと肌への負担を増やしてしまうので注意してください。どうしても泡立てる時間がない人は、泡立て不要なマイルド洗顔を利用してみるのもおすすめです。朝の洗顔後も、化粧水やクリームで忘れずに潤いをキープするようにしてくださいね

Recommend

アトピー肌さん必見!

セラミドたっぷり

お肌に優しい化粧水3

モーニュ ナチュラルエッセンス
ローション

120ml/3024(税込)

モーニュ「ナチュラルエッセンスローション」商品画像

引用元HP:モーニュ公式サイト
http://www.moonyu.jp/category/item_detail/M0003S

公式HPはこちら▶
ヒフミド エッセンス
ローション

120ml/3240(税込)

ヒフミド「エッセンスローション」商品画像

引用元HP:小林製薬オンラインショップ
https://www2.kobayashi.co.jp/products/0/21210.html

公式HPはこちら▶
ディセンシア つつむ
ローションセラム E

120ml/3672(税込)

ディセンシア「つつむ ローションセラム E」商品画像

引用元HP:decencia公式サイト
http://www.decencia.co.jp/g/gk024/

公式HPはこちら▶
アトピー肌さんの
お悩み解決!
おすすめ
化粧水リスト
アトピー肌さんに
おすすめの化粧水は?
アトピー用化粧水選びのコツ
アトピー肌のスキンケアテクニック

このページの上部へ ▲