アトピーを保湿化粧水でケアする方法  » アトピー向けのスキンケアテクニックまとめ » アトピー肌から脱出!?気になるクレンジング術

アトピー肌から脱出!?気になるクレンジング術

アトピー肌の方にとって、肌への刺激や負担を最小限に抑えることが乾燥やかゆみを抑えるために最も大切です。ここではクレンジング剤を使用する際の注意点や選び方など、クレンジング術のいろはを伝授。お肌の調子を整える方法をマスターしてください。

クレンジング時に気を付ける3つのポイント

クレンジングを正しい方法で行わなければ、アトピー肌が悪化する原因に。ここでは何気なくやってしまいがちなアトピー肌へのNG行動3つをまとめました。

1.クレンジング前には必ず手を洗う。

肌のバリア機能が弱いアトピー肌の方は、手についている雑菌から刺激を受けて、新たな肌トラブルを招く可能性も。クレンジング前にハンドソープで手を洗い、きれいな状態でメイクをオフしましょう。

2.肌に摩擦を与えない

肌がデリケートな状態であるアトピー肌は、正常な肌よりも刺激を受けやすく、ゴシゴシ洗いで摩擦を与えると角質層がダメージを受けます。

そのため拭き取り対応のメイク落としは、アトピー肌の天敵と言っても過言ではありません。

クリームクレンジングは肌に優しいイメージがありますが、拭き取る時に摩擦は生じるので使用する時は注意してください。

3.クレンジング剤はケチらない

クレンジング剤が乾燥やかゆみの原因となることもあるため、1回に使う量を少なく調整する人もいますが、実は逆効果!オイルやクリームの量が少ないと滑りが悪くなるため、ついつい手で皮膚をこすってしまいます。またメイクをきれいにオフできず、肌に化粧成分が残ってさらなる肌ダメージの引き金になる可能性も。クレンジング剤は適切な使用量を守りましょう。

アトピー肌さんが使用NGなクレンジング成分を知る

合成界面活性剤

肌についた油分や汚れを落とす洗浄作用を持つ成分。洗い落とす力が強いため、刺激に敏感なアトピー肌にとっては必要なバリア機能までも洗い流すことがあります。バリア機能が弱まると、かゆみや炎症が起きやすい状態になるため、注意が必要な成分です。

香料 や着色料

良い香りでクレンジングタイムを癒しのひとときにしてくれる香料や、泡の見た目を良いものにしてくれる着色料。気分を上げてくれるだけなら良いのですが、揮発性のアルコール類やアルデヒド類、合成ムスクなどの化学物質が体内に取り込まれるとアレルギー反応を起こす場合もあります。アトピー肌の方は、刺激の少ない天然成分を使用したクレンジング剤だと肌へのストレスが少ないのでおすすめです。

合成ポリマー

メイクを落ちにくくする働きを持つ合成ポリマー。使用すると、肌の表面にビニールの膜を張ったかのようなツルツルに潤うため、美肌効果があるように感じられます。しかし保湿力が高すぎるため皮膚の構造を変えてしまい、肌本来が持つ潤い成分・セラミドを減少させることが。また汗も油も通さないため肌の常在菌に悪い影響を与えて、乾燥肌を招くこともあります。

メイク落としシート

疲れて帰ってきた夜でもササッとメイクを落とせて便利なメイク落としシート。値段も手ごろなため、ヘビーユーザーも多いでしょう。しかしアイメイクや顔全体に塗ったファンデーションを落とす時に、ついゴシゴシと拭き取ってしまい、肌に摩擦が生じて肌トラブルの原因になります。

パッチテスト

肌トラブルを避けるためにやっておくべきことは、顔以外の場所を洗って異常が出ないかどうかを確かめる「パッチテスト」。いきなり顔に使うと、肌にまったく合わないクレンジング剤を使った時に肌トラブルが起こっても隠すことができません。

クレンジング剤の種類と選び方

目的はメイクを落とすためでも、どのメイクを落とすのかによって適したクレンジング剤は異なります。たとえば皮膚の薄い目元やナチュラルメイクは、それぞれに違うタイプのクレンジング剤を使うのがベスト。

ここではアトピー肌の方は肌への負担を最小限に抑えてメイクをオフするために、クレンジング剤の種類や選び方について紹介します。

おすすめタイプ

リキッドタイプ

クレンジングリキッドと呼ばれるもので、オイルとジェルのちょうど間に位置する洗顔料です。

オイルを使用していないため、バッチリメイクには少々向かない面もありますが、オイルやクリームのようにW洗顔が不要なので、肌への負担は少なく抑えられます。

何度も分けて洗顔をしなくて良いぶん、アトピー肌にもっとも向いている洗顔料と言えるでしょう。

リキッドタイプは液状なので、クレンジングクリームのように肌に伸ばすことは難しいのですが、お湯や水で簡単に落ちるため、肌に残りにくいというメリットもあります。

ミルクタイプ

クレンジングミルクと呼ばれるもので、クレンジングクリームと同じく、肌への伸びが良いことが特徴的です。リキッドタイプにも似ており、クリームとリキッドの間のような位置づけにあるため、肌への負担も少なく抑えられます。

洗浄力はオイルやリキッドほど高くはありませんが、そのぶん優しく肌をマッサージしながらメイク汚れを落とせるので、アトピー肌の方にもおすすめです。

クリームタイプ

クレンジングクリームと呼ばれるものです。こちらはオイルに比べて肌への負担が少ないので、乾燥肌の方でも問題なく使用できます。アトピー肌の方でも、特にヒリヒリしないものであれば使用することができます。

クレンジングクリームには拭き取りタイプと洗い流すタイプの2種類があり、拭き取りタイプは肌への負担が大きいので、アトピーの方は洗い流すタイプを選ぶと良いでしょう。

使うときに少し注意が必要なタイプ

オイルタイプ

クレンジングオイルと呼ばれているもので、油性のメイクに対して油性のクレンジング剤で落とすことを目的としています。

ウォータープルーフタイプなどのメイクアイテムでしっかりとメイクしている時には、このオイルタイプがベストですが、メイクなじみが良い反面、肌への刺激も強いという特徴があります。

ほぼ確実にメイク汚れが落とせるので人気がありますが、しっかり落ちるということは肌への負担も強いということ。アトピー肌など敏感肌の方は部分的(目元など)に使用するなどして、工夫して使うようにしましょう。

ジェルタイプ

クレンジングジェルは、ジェル状になっているクレンジング剤のことです。オイルが含まれているか否か、または水性か油性かという違いがあり、「オイルフリー水性」「オイルイン水性」「油性」の3種類があります。

オイルフリー水性は油分を含んでおらず、かつ水性であるため、お湯や水で落としやすい(肌に残りにくい)性質を持っています。また、肌への刺激がもっとも少ないタイプなので、アトピー肌の方にも比較的優しいクレンジング剤と言えるでしょう。

オイルイン水性は、水に溶ける水性ではあるもののオイルが配合されており、メイクをしっかりと落としつつ肌にも負担をかけづらいことが特徴です。ただしオイル入りということで、アトピー肌には避けた方が良いかもしれません。

油性ジェルは、オイルをジェル状にしたもので、クレンジングオイルと差しつかえのないアイテムです。メイク落ちが良く、手のひらからこぼれづらいため、しっかりと肌に張りついてメイクを落とします。

ただし、肌への摩擦力や負担についてはクレンジングオイルと同程度なので、アトピー肌の方には不向きかもしれません。

できれば避けたい厚化粧

アトピー肌の人に過剰なメイクアップはあまりおすすめしたくありませんが、素顔で出席するのが憚られる場などもあります。そんな時はなるべく、クレンジングを使わなくても洗顔だけで落とせるメイクアップを。敏感肌用のナチュラルな商品を使用するようにしてください。

またメイクを放置して、クレンジングを行わないまま眠ってしまうような事態は、絶対に避けて。帰宅したらすぐにメイクを落とし、就寝中のターンオーバーがスムーズに行われる環境を整え、肌状態の改善を目指していきましょう。

Recommend

アトピー肌さん必見!

セラミドたっぷり

お肌に優しい化粧水3

モーニュ ナチュラルエッセンス
ローション

120ml/3024(税込)

モーニュ「ナチュラルエッセンスローション」商品画像

引用元HP:モーニュ公式サイト
http://www.moonyu.jp/category/item_detail/M0003S

公式HPはこちら▶
ヒフミド エッセンス
ローション

120ml/3240(税込)

ヒフミド「エッセンスローション」商品画像

引用元HP:小林製薬オンラインショップ
https://www2.kobayashi.co.jp/products/0/21210.html

公式HPはこちら▶
ディセンシア つつむ
ローションセラム E

120ml/3672(税込)

ディセンシア「つつむ ローションセラム E」商品画像

引用元HP:decencia公式サイト
http://www.decencia.co.jp/g/gk024/

公式HPはこちら▶
アトピー肌さんの
お悩み解決!
おすすめ
化粧水リスト
アトピー肌さんに
おすすめの化粧水は?
アトピー用化粧水選びのコツ
アトピー肌のスキンケアテクニック

このページの上部へ ▲