アトピーを保湿化粧水でケアする方法  » アトピー用化粧水選びのコツ » アトピー肌におすすめの成分って?

アトピー肌におすすめの成分って?

このページでは、アトピー肌に効く成分について調べています。

アトピー肌に効く成分

赤みや腫れがある、乾燥してかゆい、湿疹ができる…など、辛い悩みを伴うアトピー肌。
改善したいのはもちろんですが、スキンケアをする際にはアイテムによって、ピリピリとした刺激を感じてしまうため、使用すらむずかしいというケースがあります。

アトピー肌の人がスキンケアアイテムを選ぶ際は、以下の点に留意しなくてはなりません。

  • 余分なケミカル成分を含まない、低刺激で肌に優しい商品を選ぶ。
  • 肌外側のバリア機能を高め、内側を保湿する成分を含む商品を選ぶ。

上記を見てもわかるように、商品選びの際は、成分に注目することが必要となります。
それでは以下に、アトピー肌の改善にひと役買ってくれる成分を紹介しましょう。

セラミドはアトピー肌の強い味方!

セラミドは、もともと肌内部に備わっている細胞間脂質で、角質層内部の水分を蓄えるために重要な働きを担っています。

普通肌の人はターンオーバーの際にセラミドを生成できるのですが、アトピー肌のサイクルは正常に機能していないため、セラミドも不足しがち。セラミドの働きがなくなると、肌のバリアも正常に機能しなくなり、異物が侵入しやすくなるという悪循環が生まれてしまうのです。

ただしセラミドは、スキンケアアイテムなどで補うことが可能な成分です。アトピー肌の人は、セラミドを含む商品に注目するようにしましょう。

【化粧品に含まれるセラミドの種類】

  • 天然セラミド…
    馬などの動物から抽出したセラミド。人の肌に備わっているセラミドと化学構造が似ている。
  • ヒト型セラミド…
    酵母を利用して生成される。人の肌に備わっているセラミドと化学構造が酷似している。
  • 植物性セラミド…
    米ぬか油、小麦胚芽油などから抽出した植物由来の天然セラミド。
  • 合成セラミド…
    石油原料から合成されるケミカル成分。

上記のように、セラミドにもさまざまな種類があります。合成セラミドの場合、アトピー肌には刺激となってしまう可能性も…。商品の成分を調べる場合は、その由来にまで目を光らせる必要がありそうです。

保湿成分も必要!

アトピー肌の人は、セラミドでバリア機能を高めるだけでなく、内部の保湿や調整に有効な成分も補給しなければなりません。

【スキンケアアイテムに配合される著名な保湿/調整成分】

  • ヒアルロン酸…言わずと知れた保湿成分。
  • グリチルリチン酸ジカリウム…甘草の根や茎から抽出される。消炎効果が高い。
  • アラントイン…かたつむりや牛の羊膜などから抽出される。肌荒れ予防に効果が期待できる。

とは言え、上記の成分も化学合成の末に製造されている可能性はあります。アトピー肌の抗原はどこにあるかわかりにくいため、低刺激の商品と言っても、よくテストを行ってから使用する注意深さが必要です。

また上記以外にも、植物から抽出された天然の保湿成分を含む商品は数多く発売されています。よく吟味して、肌へ負担をかけない商品を選ぶようにして下さい。

Recommend

アトピー肌さん必見!

セラミドたっぷり

お肌に優しい化粧水3

モーニュ ナチュラルエッセンス
ローション

120ml/3024(税込)

モーニュ「ナチュラルエッセンスローション」商品画像

引用元HP:モーニュ公式サイト
http://www.moonyu.jp/category/item_detail/M0003S

公式HPはこちら▶
ヒフミド エッセンス
ローション

120ml/3240(税込)

ヒフミド「エッセンスローション」商品画像

引用元HP:小林製薬オンラインショップ
https://www2.kobayashi.co.jp/products/0/21210.html

公式HPはこちら▶
ディセンシア つつむ
ローションセラム E

120ml/3672(税込)

ディセンシア「つつむ ローションセラム E」商品画像

引用元HP:decencia公式サイト
http://www.decencia.co.jp/g/gk024/

公式HPはこちら▶
アトピー肌さんのお悩み解決! おすすめ化粧水リスト
アトピー肌さんに
おすすめの化粧水は?
アトピー用化粧水選びのコツ
アトピー肌のスキンケアテクニック

このページの上部へ ▲