アトピー肌さんのための化粧水選びガイド

アトピー肌を優しくケアする化粧水大百科

アトピー肌でも安心して使える化粧水を探して

かゆみや赤み、湿疹などの症状を伴う、アトピー。可愛いコスメを揃えていざメイクをしようと思っても、アイテムがお肌に合わなければ、メイクができないどころか大きな肌トラブルになりかねません。

そんな悩みを解決するためには、低刺激でうるおい成分がたっぷり含まれた化粧水を探すのが一番!当サイトは、アトピー肌さんに役立つ情報を特集していますよ。

アトピー肌さんが化粧水を選ぶ際の必須ポイント

保湿力抜群のセラミドを配合

セラミドは、もともと肌内部に備わっている細胞間脂質で、異物の刺激をシャットアウトするバリアの役割を果たしています。アトピー肌にはセラミドが不足しがち。スキンケアアイテムで積極的に補いましょう。

刺激の強い成分が無添加

セラミドをはじめとする保湿成分をたっぷり配合している商品でも、ケミカル成分までも同時に多量配合していれば、お肌に大きな刺激を与えてしまいます。防腐剤や香料など、気になる成分が無添加かどうかを、要チェック。

お試し価格で買えるトライアル商品

敏感肌に配慮し、ケミカル成分を極力排除している商品を使っても、肌に刺激を感じてしまうことはあります。トライアル商品があれば、パッチテストも簡単。まずは試して、毎日使える商品かどうかを、確かめましょう。

必須ポイントを満たす化粧品はこれ!

  1. モーニュ「ナチュラルエッセンスローション
    120ml/3024円(税込)
    公式サイトはこちら
  2. ヒフミド「エッセンスローション
    120ml/3240円(税込)
    公式サイトはこちら
  3. ディセンシア「つつむ ローションセラム E」
    120ml/3672円(税込)
    公式サイトはこちら

当サイトおすすめのアトピー肌に優しい化粧水3選

モーニュ「ナチュラルエッセンスローション」

モーニュ「ナチュラルエッセンスローション」商品画像
画像参照元: モーニュ公式サイト
http://www.moonyu.jp/category/item_detail/M0003S

主な保湿成分 加水分解コンニャク根(セラミド)、アセチルヒアルロン酸Na(スーパーヒアルロン酸)、ヒアルロン酸Na、アケビ茎エキスなど
主な
肌荒れ防止成分
グリチルリチン酸2K、アラントインなど
特徴 無添加にこだわり、安全性の高い成分だけを配合。
特に注目は「加水分解コンニャク根」。米や小麦の10倍近い量のセラミドが含まれています。
さらにヒアルロン酸や数種類の植物エキスが配合されているので、保湿と肌バランスの安定をサポートしてくれます。
口コミ評判 ●顔中に出ていたアトピーが徐々に治まってきた
激務でストレスが多かったOL時代、顔中にアトピーが出てしまい、それまで使っていたコスメから切り替える際に、モーニュのトライアルセットに出会いました。試してみると顔のヒリヒリが無かったので、使い続けています。今ではアトピーも治まりはじめ、お肌の調子も良くなってきました。もうこれ以外は使えません。
●アトピー&敏感肌の私でも安心
普段使っているスキンケア用品でさえ、刺激を感じるほどの敏感肌でアトピー持ちな私。そんな肌質の私でも、痒くなったり湿疹ができたりしないので安心して使ってます。最初、手に出したときは、ちゃんとお肌に浸透するのかな?なんて思いましたが、馴染ませるとぐんぐん浸み込んでいき、今ではもっちりお肌になりました。
●ベタつかないのにしっかり潤う
いくつものセラミド入り基礎化粧品を試し続け、モーニュのナチュラルエッセンスローションにたどり着きました。お肌がしっかり潤うのに嫌なベタつきは感じず、冬でもしっかり保湿してくれます。アトピー肌の私でも、しみたり赤くなったりが無いので、今後も使い続けようと思います。
公式サイトURL http://www.moonyu.jp/category/item_detail/M0003S

ヒフミド「エッセンスローション」

ヒフミド「エッセンスローション」商品画像
画像参照元:小林製薬オンラインショップ
https://www2.kobayashi.co.jp/products/0/21210.html

主な保湿成分 セラミド1セラミド2セラミド3、リピジュア®、コラーゲンなど
主な
肌荒れ防止成分
カンゾウ葉エキスなど
特徴 「ヒト型セラミド」を3種類(セラミド1・セラミド2・セラミド3)も配合しているのが、こちらの商品。
創業から100年近い歴史を持つ、小林製薬が製造・販売しています。
低刺激で保水性の高いリピジュアや植物性コラーゲン、消炎効果の高いカンゾウ葉エキスも含まれています。
口コミ評判 ●母から教えてもらいました
元々手にできる湿疹に悩んでいましたが、出産後、指が腫れたり小さい水疱ができたりとかなり酷くなりました。色々なアイテムを試したものの、一時的に良くなっても改善はされず…。そんな時に母から教えてもらったのがヒフミドのローションです。今では痒みも水疱もほぼなくなりました。
●乾燥肌の改善に期待
お試しアイテムを使ってみたところ、刺激はありませんでした。塗っただけで吸収、というものではない感じですが、手でじっくりパッティングしたら、使い始めて3日目でお肌のキメが整ってきたように感じます。割りと酷い乾燥肌なので、ずっと潤いが続いてくれるようになることを期待しています。
●化粧ノリが抜群によくなりました
以前はしっかり化粧水をつけても、翌朝にもっちり感がなかったのですが、ヒフミドを塗った翌朝はお肌がもっちりしてました。しかも、化粧ノリが今までと全然違う!口の周りや目の周りなどの乾燥が気になる部分は、動画サイトを見ながら化粧水を浸透させている時間が至福の時です。
公式サイトURL https://www2.kobayashi.co.jp/products/0/21210.html

ディセンシア「つつむ ローションセラム E」

つつむ「ローションセラムE」商品画像
画像参照元:decencia公式サイト
http://www.decencia.co.jp/g/gk024/

主な保湿成分 セラミド2、グリシン、アルギニンなど
主な
肌荒れ防止成分
ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、ステアリン酸PEG-150など
特徴 ナノカプセル状にされたセラミド2、グリシンやアルギニンなどの厳選アミノ酸5種、そして水分蒸散を防ぐエモリエントプール成分を配合。
それぞれが相乗効果を発揮する、独自の「チェーンモイスチャライジングシステム」を実現しています。
口コミ評判 ●顔全体がツルツルに
お試しで使ったら肌荒れが良くなったように感じたので使っています。「潤う」よりは「保湿」という言葉がピッタリな感じで、顔全体がツルツルするようになりました。トロリとしていて手からこぼれにくい点も私的には高ポイント。シワとかたるみにまで効果を期待するのは欲張り過ぎなのかな。
●今まで使っていた化粧水から切り替えました
最近急にお肌が敏感になり、それまで愛用していた化粧水でもピリピリするようになり、お肌がごわついて困っていたところで見つけたのがこのアイテムでした。今までの愛用品に比べると3倍くらいの値段ですが、お肌のコンディションには代えられないので、しばらく使う予定です。
●肌診断の結果にビックリ
元々アトピー肌な上に冬は粉を吹くほどの乾燥肌、さらにこれまでに無い程の肌荒れのせいで顔中ザラザラで皮がめくれてしまっていました。改善にはセラミド!と思って藁にも縋る気持ちで試すことに。結果、今では皮めくれも顔のザラザラも改善され、肌診断ではとても良い状態だと褒められました。
公式サイトURL http://www.decencia.co.jp/g/gk024/

アトピー肌さんから好評を集めている化粧水まとめ

有名口コミサイトなどでアトピー肌さんや乾燥肌さんから支持を集めている化粧水をピックアップしています。

キュレル「化粧水III」

創業から100年以上の歴史を持ち、売上高も国内ベスト3圏内という大手・花王の「乾燥性敏感肌のためのスキンケアシリーズ」が、キュレルです。アトピー肌におすすめの化粧水は「とてもしっとり」タイプ。要チェックですよ。

「化粧水III」の口コミを見る

CAC「ベーシックベースローション」

シンプルな4つの保湿成分を配合。敏感肌専門の商品として、アトピー肌の人から注目を集めています。肌に負担をかける成分は、一切含んでいません。また分包タイプなので、1回使い切りが可能。衛生的な商品です。

「ベーシックベースローション」の口コミを見る

NOV「フェイスローションII」

ノエビアの敏感肌用化粧水。発売から25年のロングセラーです。敏感肌のことを考え、配合成分と原料を厳選。シンプルかつピュアな処方を採用しています。余分なものが入っていないのはもちろん、無香料・無着色、アルコールフリーの低刺激性ですから、アトピー肌の人でも安心して使えそう。

「フェイスローションII」の口コミを見る

ちふれ「化粧水しっとりタイプ」

低刺激なのに、とてもリーズナブル!詰め替え用商品なら500円以下で購入できるというリーズナブルさが魅力の商品です。180mlの大容量も嬉しく、乾燥の気になる部分に、気兼ねなくたっぷりと使用することができます。

「化粧水しっとりタイプ」の口コミを見る

dプログラム「モイストケア ローションW」

天下の資生堂が送る「乾燥しがちな肌向け化粧水」がこちらです。肌環境を守る美肌バリア機能が備わっているため、肌のうるおいをキープ。また弱酸性の低刺激で、無香料、無着色、パラベン/アルコールフリーとなっています。

「モイストケア ローションW」の口コミを見る

アルージェ「アルージェ モイスチャー リッチローション(とてもしっとり)」

敏感肌向けの薬用スキンケアブランド・アルージェ。3つの化粧水があり、希望の使用感に合わせてチョイス可能。「とてもしっとり」タイプはとろみのあるテクスチュアで、乾燥した肌の角質層に浸透しやすくなっています。

「アルージェ モイスチャー リッチローション(とてもしっとり)」の口コミを見る

オラクル「クラリファイング・トナー」

本格派オーガニックコスメブランドの化粧水。植物エッセンスを独自配合することで生み出す相乗効果の高さは、同ブランドの長年の研究の賜物です。ダマスクローズ、ヒマワリといった保湿効果のある植物成分を配合しています。

「クラリファイング・トナー」の口コミを見る

アベンヌ「スキンバランスローション」

美肌パワーの高い南仏の温泉水を使用している、アベンヌの商品。ミネラルをバランス良く含む温泉水のパワーは、本国・フランスでも一定の評価を受けています。ドラッグストアなどで簡単に購入できるので、便利です。

「スキンバランスローション」の口コミを見る

リボンハイム「アミノシャイン しっとり化粧水」

抱水効果と保水効果のあるアミノ酸、ヒアルロン酸を配合し、肌のうるおい持続力をアップさせてくれます。ケミカル成分を、極力排除した商品づくりも、好感度大。さらに1000円以下という低価格を実現しています。

「アミノシャイン しっとり化粧水」の口コミを見る

ブルークレール「ローズエステリッチローション」

美容成分を豊富に配合し、白神山地から湧き出る水や天然植物成分、さらに無添加に徹底的にこだわった化粧品づくりを進める国産ブランド「ブルークレール」の化粧水です。14種類のオーガニック認証・エコサート認証取得成分を配合しています。

「ローズエステリッチローション」の口コミを見る

エトヴォス「モイスチャライジングローション」

ミネラルコスメブランドとして知名度が高く、特にパウダーファンデーションが人気を呼んでいるエトヴォスの化粧水。天然由来の高保湿成分「POs-Ca」を配合し、肌のバリア機能を高めるセラミドの生成をサポートします。

「モイスチャライジングローション」の口コミを見る

ラ・シンシア「薬用ATPゲルローション」

敏感肌向けのスキンケア商品を販売しているラ・シンシアの化粧水。グリチルリチン酸ジカリウム、セラミドのほか、アロエやカミツレ花、オウバクなどの天然うるおい成分をたっぷりと含んでいます。身体や髪にも使える商品です。

「薬用ATPゲルローション」の口コミを見る

ティモティア「バリアバランススキンローション」

四国地方で伝承的に珍重されてきた保湿成分「ホウセンカエキス」が魅力です。また8種類のアミノ酸をバランス良く配合し、衰えがちな乾燥肌のバリア能力をサポートしてくれます。スプレー式で使いやすいのも◎。

「バリアバランススキンローション」の口コミを見る

アトピー用化粧水選びのコツ

アトピー肌さんが安心して使える化粧水の選び方を紹介しています。

ドクターズコスメって効果はあるの?

皮膚科医や美容外科医などの専門家が、開発に携わっているのがドクターズコスメ。その実態は?

ドクターズコスメはアトピー肌に効く?

一般の化粧水じゃダメ?

化粧水で保湿に努めているのに、症状が一向に改善されない…、そんな結果が生まれるのは、なぜ?

アトピー肌でも一般の化粧水は使える?

アトピー肌におすすめの成分って?

本当に自分の肌に役立ってくれる化粧水を探したい!そう決意したら、成分表に注目する必要があります。

アトピー肌改善に期待大!の成分は?

アトピー肌のスキンケアテクニック

お肌の健康を保ち、アトピー肌の改善に導くためのスキンケア方法を紹介しています。

アトピー肌から脱出!?気になるクレンジング術

アトピー肌に悪影響を与えない、効果的なクレンジング法とは?その詳細を調査して、まとめています。

アトピー肌さんにおすすめのクレンジングテクニック

刺激しない洗顔テク

洗顔法を間違うと、アトピーが悪化してしまうことがあります。正しい洗顔法とそのテクニックを知りましょう。

刺激の少ない洗顔方法は?

アトピー肌の大敵!日焼け対策

紫外線がアトピー肌の大敵であることは、言うまでもありません。対策をしっかりと練る必要があるのです。

お肌の健康を保つ日焼け対策は?

肌荒れさせないメイクのコツ

アトピー肌だからといって、メイクをあきらめないで。時間と手間をかけ、肌に優しい方法を実践しましょう。

アトピー肌でも楽しめるメイクのコツは?

【免責事項】
当サイトは、2016年11月の情報を元に編集部が独自に制作したサイトです。
各社の最新情報については、必ず公式サイトをご確認ください。

 
ページの先頭へ